圧倒的に強い兵器「人質」・・・

副題・「卑叫の挫鬼」

「第1回・ 対「X」編」 真田家の秘技

これより、
このブログの特集「第2幕」へ入っていこうとおもいます。
(ちょっと、「X」などと書いて、仰々しいタイトルになり、申し訳ありません。ただ、真面目に考えた結果、こうなりました😅・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いまから何世紀も前、戦国時代の歴史の中で活躍した沢山の雄将たち。確か、その中でも好感度において、常に高いランクに指名されて来た人物が、みなさん知ってる方の多い「真田信繁(幸村)」という武人だと、自分では記憶しています。
(もし間違いの場合、すみません😓)

真田信繁・・・https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E4%BF%A1%E7%B9%81

真田家というのは、今の長野県のあたりに城を構えた勢力になります。

他に存在する周辺の大きな勢力とは反対に、非常に小さな勢力として何とか国を守り保っていました。

つまり、真田家は純粋に所持してる軍としての「力」ではとても周辺の勢力には敵いません・・・

ただしかし、真田家には、この戦国の世界のどの勢力よりも突出した能力を持っていました。それは、戦いにおける「情報の力」です。

これに関して、こちらで勝手ではありますが、未熟なりにちょっと説明させていただきます。

単に、ざっくりな説明で「情報の力」といっても曖昧です。それでは具体的に「能力」における内訳として話を展開すると・・・

①正確に、迅速に、そして他の勢力では知ることの出来ない重要な秘密、情報を「取得して収集する能力」
②収集してきた、情報の真偽確認や分析をし、いかに有効に戦いの兵器として活かせるか。という、情報を「有効に活用する能力」

いかに、正確で重要な情報を様々な犠牲を払いながら集めたとしても、肝心の最高責任者である「将」が無能で情報に関し軽視した思考の持ち主なら、全く有効活用できない「猫に小判」という状況に陥ってしまいます。

どこの勢力よりも弱小であった真田家だからこそ、軍事のみの戦いでなく、貴重な情報が戦局に対しいかに重要な切り札になるかを真田家歴代にわたり伝達してきた結果が、この戦国という時代随一の情報戦の達人、真田の家系(一族)に生きてきた人々だったと考えます。

今現在に例えるとすれば、「ネゴシエータ(交渉人)」に
当てはまるのでは、などと勝手に解釈してます・・・

「情報と心」
情報戦は、ハッキリと峻別が出来ないくらい、心理戦と重なります。

①相手側の心の状態にあわせる形により、まるで相手側の心の中を全て読んだかのように、情報を与えて心を刺激する。相手側の心の扉を開け、心の内側に静かに潜り込む・・・

②反対になりますが、此方の側から情報を与える事によって、相手側を自分達の狙った策略に有効な心理的な状態に陥らせる

情報と心は必ず連係しています。お互い、繋がっていると思います。😃


そしてこの真田家に対しては、まわりから、このように形容されました。

・・・「真田は表裏比興(ひきょう)のもの」・・・・

普通耳で聞くと「卑怯」という同音語が思いつくと考えられます。「比興」というのは、この時代として形容されるものとしては、決して悪い意味で使われるものではなかったようです。ただ、時代が移行するにつれて、汚い、姑息という意味に変わっていったとの事です。

たとえ好感度が高い人物であっても、その人物を嫌いな人達は、ある特定の数は必ずいます。堂々と正面から、兵器を使用した戦いではなく、巧妙に情報を操り、相手側を心理的に追い込んで攻略するやり方に対し、気に入らない人達もいるでしょう。

それは現在の人でも、戦国の武人に対して、様々な気持ちをそれぞれ持つと思います。

もしかして案外、「卑怯」という言葉に時代が移行するのと一緒に言葉の「意味あい」が
「汚い」「悪質」意味的に変化していったのは、嫌味妬みも、多少ふくまれるのかな?と思いました😅・・・

ちなみに、自分は真田(一族)の事にたいし
凄く好感をもっています。😃・・・






〈20〉・・・

自分にあった本がいいね

今週のお題「本棚の中身」

たま~に、ネットやテレビの中継等で、専門家、学者といった知識人の方が、所属した事務所内の部屋から、情報を発信・放送する事がありますね

そういう人たちの背後にある本棚には、知的な本が多数納められているのが、映像として確認出来ます。「思わずどんな本かな?」と、みてしまいますね😃自分が読んだ本と同様、もしくは似た様な本をみつけると、何か解らないけど少しだけ喜びを感じる時があります・・・・・
(これぞ小庶民だね~😅)

何年かまえに、なくなられた文筆分野においての巨頭である言論の人「渡部昇一さん」自分がもっている図書には、世界的に有数の書物を保管してるそうです。非常に書物を大事に保存してるみたいです。

昔、まだ自分が本当に若い時、ちょっと格好つけて難しい本を買った後、棚に置こうと思い、少し表現の固い内容の「欧州の歩み」についての書籍を気軽な気持ちで書店に注文しました。

書籍が届いたので、書店の会計場所にいきお金を払おうとしたら、「1万8000円です」・・・・
「え?」・・・・😨

桁を思い切り間違えてしまった・・・・

内容も難しく、そして何より、大きなサイズだったのでスペースとして納まらず、結局ほとんど読まないで、場所がないから、棚から外れた所に積んでおく状態😅。

まぁ・・・自分が読みたい本を読んだほうがいいね

気持ちに正直に、格好つけずに本くらいは、興味あると思う本を読んだほうが一番良いですよね。😄・・・・・・・・




〈19〉・・・

花火、このままでいてくれ~

今週のお題「夏物出し」

夏・・・
色々ありますけど、
自分は「花火かな~😄」どうして空いっぱいに
輝くあの爆発(なんと無骨な言葉😅)に
胸の中の童心が踊るのか、いまでもわからないけど😃・・・

また、派手な輝きを披露する花火とは反対に、小さな線香花火のもつ、静寂の何ともせつない感じもいいですね。

すべての花火が燃えつきた後の、寂しさ・・・・

小学生の時、夏の休みが終わるギリギリまで面倒くさがりほとんど宿題に手をつけなかった、ものぐさの自分には、現実から逃避する事のできる、最後の時間だった。

そして、心に中には、これからやらなければ成らないという現実にもどされる恐怖が生まれる。新学期に間に合わない。

堂々と先生に言おう・・・

「やったけど、家にわすれましたー」


これで、1日は時間稼げる😆・・・





〈18〉・・・

「第9回」・狂った警官

この特集「第9回」で一度区切るつもりです。
[第1幕]を終了させていただきます。ちょっと、変な内容ばかりで申し訳ありません。ただ、「第1~9回迄」に関し、このブログの基本的内容ですから、奇妙または変に感じながら文章を読んでもらった方には感謝いたします。😄
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


□□□□□狂った警官□□□□□
この内容はあくまでも、一つの論理的思考法としての記述です。ですから、変に「酷い」と誤解しないようにして下さい。不真面目に考えたものではなく、
[核心、本性、本質、]をわかる形で表現しようとしたものです。

多くの善良な人達が心にもってる「守り、大切にし、失くしたくない存在」を充分読み取りわかった上で、まるで相手側の心の中に隠れる「パスワード」を一致させるかの様に、相手側にその「存在」を晒しショック状態にさせる。

常に「守るべきもの」の前面に自らをさらす「決闘」の型に対し
自分自身を守るため「守るべき存在」を晒す「人質」の型が、一緒の空間に居合わせてしまっている状況が生まれます・・・

犯人の心理には、警官を含め善良な人達には自分の側を攻撃することが絶対不可能と考えています。
ここで仮定します・・・犯人の脅しがまったく通じない、心理または行動が理解不能である警官が、もし居たらどうなるか?

○犯人一般人を「人質をとる」という手口
と同様に
○犯人の家族を「人質にとってやり返す」という行動にでる警官がもし居たらという想定をします・・・

このケースは、実際にいる警官の行動にはあり得ない事だとは思います。ただ、それでは本質である基本論理の思考がそこで停止まってしまい、物事の本質がわからなくなります。そこで、「酷い、嫌悪感、」という感情論ではなく、現実ではあり得ない事も仮定法として表現しようと考えました。

また、現実世界では、このやり方の論理として動くものでは「マフィア組織」の抗争があります。つまり、「悪に対して悪」により対抗。やられたらこちらも同様に報復する論理です・・・・

繰り返しますが、良いか悪いかは別の問題です
ここでは思考方法として仮定です

未熟な文章になり申し訳ありません。なかなか、伝えられないかもしれません。

実は
これまで何回かに渡って投稿して来た内容を補足するなら、「刀、銃、ミサイル」色々ある「物質兵器」も「心理兵器」として利用することが出来ます
つまり、恐喝や抑止力として心理的に相手を追い込める事ができるものと考えます。
ただ、「物質兵器」の戦いのケースはそれに対し同じレベル、または、それを上回る強力な「物質兵器」で対抗する事が出来ると思います

反対のケースに「人質」という「心理兵器」を使用してきた時、多くの善良なる人達には、報復として同じ事は出来ません・・・「人質」という「心理兵器」が一方的に多くの人達を支配できるのは、悪人には使用出来て、善良なる人達には使用出来ない。この矛盾を巧妙なまで利用してきたからこそ、大昔から現在まで「人質」が有効利用されている理由だと考えます。

この「心理兵器」に対抗できる人達は限られています。
相手より上回る
・「悪人」か
・「悪人でも理解不能心理的行動をする・狂人」
という存在でしか考えられないと思います。




・・・・・・・・・・・・・
少しだけ、期間をあけて[第2幕]始める予定です。変なブログですが良ければ、またよろしくお願いします。
ちょっと変わった奇妙なるブログ、読んで頂きありがとうございました。
😃






〈17〉・・・

自然体?

今週のお題「ホーム画面」
自分の持っている物の画面(ここでは携帯)にこだわりを
もって
デザインや配列に丁寧に気をつけて、中には精密機械かな?そう思うくらい大切に持っている人・・・・・・
きっと自分にとって大事なのだなぁ~

そのくらい、貴重なものとして扱える人は、人間も綺麗好きの人が割りと多い様に思います。あくまでも個人的な感想です。

自分自身は?と言うと・・・

あまり、人に見せられるものではありませんね😅
ハッキリ言って、機能、効率などを重点においてます。
その時に逃がさずに
そしていい情報をいかに取るか!
それしか考えてません。
もし人から、画面確認されると、
たとえるならば、入れるだけ大量の書類が入っている
カバンみたい感じかな😄
色々なアプリやメール、情報、等
綺麗に整理されてる人は凄いです。
敬意をはらいます
(ちょっと、過大な表現ですね😓)

お題にハズレてるかも
すみません~😢⤵️⤵️
何と、大雑把な・・・!





〈16〉・・・

「第8回」・魔の力 支配力

多くの人達を、・・・
○遠く離れた場所から
○まったく相手側に対し触れずに
○動きを完全に止めて黙らせ
○自分の思いどおりに相手側を操作してしまう
○目では確認できない、何か未知の力を放ち、まわりを圧倒する・・・

何か、魔界の世界から来た化け物が、不気味で未知である力を使うことにより、多く人達を幻惑し、黙らせてしまう。普通の人達には一体、何事が起きているのか解らないまま「魔の力」により、ねじ伏せられてしまう。

この様な「化け物」キャラクター、今も昔も「マンガ」やDVDコーナーにある「B級ムービー」に出てきそうな設定にありそうですね😃・・・

今までの第1回~7回の内容で、形・実体のない兵器として「心理兵器」を取り上げて来ました。
読んで頂いた人達のなかには「兵器」それよりは
「○術」や「○気」
(例、・・奇術、覇気、ほか色々・・・)が表現の意味合いとしては正しいのでは?
そういう風に思う人達もいるとおもいます😄・・・

このブログでは、「人質」という多くの人達がとくに意識しないし、よく解らない。そこで「人質」の解説として完璧にとはいかないですが、不完全なりに独自に説明しようと挑戦しました。その為「○術」や「○気」と表現してしまうと、更にしくみが霞みに隠れて、解らなくなってしまうと考え意識してあえて「兵器」という表現を使いました。

「第8回」の冒頭で記述した内容で、架空のストーリーの設定にある「化け物」の様な力を放つ生き物。これ実は、現実世界に存在します。わかるかと思いますが、「人質強盗の犯人」の事になります

何回も繰り返し記述して、申し訳ありませんが、
このブログにとっての主旨である、大変重要な核心の内容ですので、もう一度また記します😅・・・



□□□□「人質を兵器として利用・核心」□□□□
何人も人を殺し、傷を負わせ、多くの人達にショックによる心理的痛みを与え、金銭を要求して奪い、そして多くの人達の時間を奪った。そして何より、悪人である犯人の不当な要求を受け入れざるおう得ない状態にされ従わされる、心理的苦痛を受ける。

犯人には、法的、道義的に正当せいは全くありません。
多数の警官達を力でねじ伏せるだけの戦闘力もありません。圧倒的に劣勢です・・・

ただ「弱者」を「人質という兵器」に変えて
相手側に見せつけた瞬間、精強な部隊や強力な兵器も
全く歯向かうことが出来ない。すべての人達の動きを止めてしまい、ショック状態にさせてしまう。

多くの人達を黙まらせる事ができるのは、犯人の凶暴性や、犯人の持つ強烈な銃器の威圧する力ではないとおもいます。最も弱い存在の「人質」を相手側に見せつけることで、「心理兵器」として利用してるからです。
この「人質」を得ることにより圧倒的劣勢の犯人は、反対に、圧倒的支配者の「化け物」に変わります。



〈15〉・・・・

「第7回」・戦いの場所・空間に入るべからず、戦いの型のしくみ・・・

😃・・・
三菱銀行人質事件」を常にイメージして考えの中にとめておいてください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○「第2の説明」
〈「人質を利用した、戦いの型」・・・のしくみ〉

〈g〉持たないがゆえ、圧倒的冷酷な行動
人間にとって、一番大切ものは各個人、それぞれ多種多様で、違っている様におもいます。ただ、社会の圧倒的多数である普通の人達は、世の中にいる「弱者」とみられる人達に対し、決して自ら害を加えることはしないと考えます。それは、次の心理的理由だと思います。

1.「弱者」「被害者」という人達は、守るものであって害(攻撃)を加える対象ではない。大切に守りたい。
2.善人として、負い目がない人生を過ごしたい。
3.多くの人達から、悪人と思われたくない。(少し、嫌な理由ですが、現実だとおもいます)

犯人が人質を捕らえて犯罪を犯した時点で、この世の中の道義や世間からの体裁を、全部すてさってしまっています。奇妙な言い方をすれば、「凄み」をもって犯行を行ってます。

つまり、心理的に世の中の人間関係としての繋がりを、すべて切り離し「まわりから、どんな事を思われても知るか」という理性の制御がぜんぜんきかない、俗にいう「サイコパス」化の状態。その為、人の痛みが理解できない、平気で冷酷な行動が出来きてしまう
😅・・・・・・

〈h〉すべてを支配し、そして沈黙させる、「化け物」に変化
犯人が凶悪な人格、それに加えて強力な銃器を持って、包囲する相手側を攻撃または恫喝する。ただ1っ指摘すると、この人間は、「凶悪な犯人」それで終わり・・・
正面きって、包囲する警官達と銃で撃ち合う結果になってしまうと、この事件は「瞬時」に終了。ほとんど相手にすらならない戦い・・・・

しかし「人質」という心理的な兵器を手に入れたその瞬間、警官達、周囲で見守る人達、マスメディアからの情報を得ながら、経過を心配して確かめる街中の多くの人達。
あらゆる人達を黙らせ、不当な要求を強制させ、
恐怖と不安で圧倒する支配者になっているのは、この犯人がそうさせるのではなく、「弱者」である「人質」が
そうさせている状況にあります。

その「人質」という心理兵器を手にいれた犯人は、どんな精強である部隊も、凄く強い兵器も対抗することが不可能である、「化け物」に変化してしまいます。

〈i 〉相反した戦いの型・決闘型、人質型
ここで仮に、お互い「銃を使った決闘」を想定し、独自の話を展開したいとおもいます。
決闘で決着をつける人達、当たり前ですけどそれは、金銭目的ではないとおもいます。もし静かな人生を過ごしたいなら、決闘の申し出を伝えず、また、断るか逃げてしまえば何事もなく人生を過ごせます・・・

「守り、大切にし、失くしたくない存在」それと何より自分の名誉を守りたいがため、生命を賭け決闘にのぞむ人達。その時、卑劣な行為、逃げるという行為をすることが出来ない保証が必要になってくると思います。それは、その人間にプライドがあるかという事、それだけです。

誰しも死ぬことは恐ろしい。
○例えどんな卑劣である行為をしてでも、自分のほうが有利な状況で戦えば勝てる。
○相手との決闘から逃げる、または避ければ死ぬことはまずない。

しかし、それが為たとえ生き延びたとして、その後の人生に卑怯者という汚点を、ハッキリと残す事になります。地に落ちた、汚れた名誉と共にその後の人生を過ごすことになります。

決闘というのは、「生命よりもはるかに名誉が至上で価値あるもの」と認識した人間だけが、戦いにのぞむ事が出来ます。そして、決闘の場所、空間に入ることが出来るのは、たとえ死ぬことになっても、名誉を守るというプライドという精神の支柱である「こころの保証書」を持っている人間だけです。

これと反対の戦いの型が、人質型になります。「自分の生命を守るため」に、「守る、大切にし、失くしたくない存在」を相手側に見せつけ、陰に隠れることで必死に自らの命を確保します。

戦いの決着をつけるため、争いの場所である、空間に入り生命の危険をさらす警官達に対し、犯人は自らの生命は必死に守りながら争いの場所に居座る。

名誉よりも、自らの生命守るため「弱者」を「人質」にとる。犯人とっては卑怯、卑劣はもう関係ない。なりふり構うことなく、自ら「弱者」の後ろにかくれても必死に自身を徹底的に守りきる・・・

「人質」捕らえ利用する犯人は、もうすでに、プライドとしての「こころの保証書」捨ててしまっているから持っていない。もし、決闘型の価値観の人間からしてみれば、戦いの空間に入る資格すら許される者ではないとおもいます。



□□□□決闘・人質・それぞれの型(要約)□□□□□
○決闘型(442の基軸)
「守り、大切にし、失くしたくない存在、または名誉」
を守る行動として、自分自身を危険にさらす。死にたいする恐怖に克つためにプライドをこころに持ってして戦う。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
○人質型(244の基軸)
「守り、大切にし、失くしたくない相手側にとっての存在」をさらし、自らの安全を確保する。「人質」を捕らえて有利に利用する時点で、名誉やプライドは、すでに捨てている状態。なりふり構うことなく戦う。


*すみません、第7回読んで頂いて・・・・・・・・
決闘型が人間として見事な行動とみるのとは反対に、人質型が人間として卑劣、卑怯な手口という感情面からの思考ではなく、客観的にそういう相反する戦いの型が有るというのを、もし、覚えてもらえるなら・・・こちらの思いが、少し独自の思考の内容ですが、ちょっとは、伝えられたかもしれないと思います*
😅・・・





〈14〉・・・